重題:白楽天を読む

| コメント(0)
白楽天の七言律詩「重ねて題す」(壺齋散人注)

  日高睡足猶慵起  日高く睡り足りて猶起くるに慵し、
  小閣重衾不怕寒  小閣衾を重ねて寒を怕れず。
  遺愛寺鐘欹枕聽  遺愛寺の鐘は枕を欹て聽き、
  香爐峰雪撥簾看  香爐峰の雪は簾を撥げて看る。
  匡廬便是逃名地  匡廬は便ち是れ名を逃るるの地、
  司馬仍為送老官  司馬は仍ほ老を送るの官為たり。
  心泰身寧是歸處  心泰く身寧きは是れ歸する處、
  故鄉何獨在長安  故鄉何ぞ獨り長安に在るのみならんや

陽が高く上り眠りは十分だがなお起きるのが物憂い、小さな部屋に褥を重ねて寒さをものともしない、遺愛寺の鐘が鳴ると枕をそばだてて聞き、香爐峰の雪はすだれを掲げて見る(小閣:小さな部屋)

匡廬は世間から逃れ住むに適した地で、司馬は老人には相応しい官職だ、心が安らかで身が健康ならばそれ以上言うことはない、故郷は長安だけとは限らないではないか(匡廬:廬山のこと、逃名:世間から逃れる、送老:老後を送る)


香爐峰の麓に草堂を設けた際に歌った詩の続編で、四首からなる。これはその第三首。日本でも、平安時代から好んで暗誦されてきた。







コメントする

アーカイブ