伊勢物語絵巻廿九段(花の賀)

| コメント(0)
ise-029.jpg

むかし、春宮の女御の御方の花の賀に、召しあづけられたりけるに、 
  花にあかぬ嘆きはいつもせしかども今日のこよひに似る時はなし

(文の現代語訳)
昔、春宮の(母上の)女御の御殿で催された花の賀に、御呼び出しにあずかったある男が読んだ歌、
  花を見るたびに見飽きることのないという嘆きを覚えますが、今日の今宵は格別です

(文の解説)
春宮の女御:皇太子の母上、ここでは、後に陽成天皇になった皇太子貞明親王の母である藤原高子をさす、春宮は「とうぐう」とよみ、皇太子のこと、●召しあづけられ:お召しにあずかり、●花の賀:桜の花を見ながら行われる長寿の祝、●あかぬ:飽きない

(絵の解説)
御殿の中では大勢の人々が集まり、庭には桜の花が咲き誇っている様子が描かれている。

(付記)
この段では、誰が歌を歌ったかは明示していないが、若い頃の藤原高子と業平との間を知っている者には、これが業平であることは明らかだ。かつて、愛した人とともに眺める桜はひとしおです、といっているわけである。









コメントする

アーカイブ