美を読む

sis109.1.jpg

創世記がノアの泥酔の話をさしはさんだのは、ノアの三人の息子たちの言動が、人類のその後の歴史に大きく影響したのだと言いたいためだったと思われる。ノアにはセム、ハム、ヤペテという三人の息子があったが、セムはイスラエル人の、ハムはアラブ人の、ヤペテはそのほかの人種の祖先となった。この三人のうち、セムとヤペテは父親ノアの祝福を受けたが、ハムは呪いを蒙った。そんなこともあって、イスラエル人が引き続き神の選良でありつづけたのに対して、ハムの子孫たるアラブ人はイスラエル人の敵とみなされるようになる。

sis108.1.jpg

創世記は、神が洪水を起こしたのは、人の悪が地にはびこった為に一旦彼等を滅ぼそうと決心したからということになっている。だがすべての人を滅ぼすにはしのびず、ノアとその家族を、一部の動物たちと共に生き延びさせることとした。その部分を創世記第六章は次のように記述している。

sis107.1.jpg

システィナ礼拝堂天井画のうち創世記に取材した九つの場面の最後の三つはいづれもノアの物語に取材している。すなわち「ノアの煩祭」、「洪水」、「ノアの泥酔」の三場面である。創世記ではこの三つの場面は、「洪水」、「煩祭」、「泥酔」となっているのだが、ミケランジェロはその順序を変えたわけである。

sis106.1.jpg

原罪の話は、アダムとエヴァが神による禁断を破って智恵の木の実を食べた結果羞恥心を知るようになったこと、及び禁断を破った罪でエデンの楽園を追われることからなっている。ミケランジェロはこの二つの部分を一つの画面に共存させた。即ち蛇が巻きついた智恵の木を中心にして、その左側に禁断の木の実をとる場面、右側にエデンの園を追放される場面を並べて描いたわけである。

sis105.1.jpg

「アダムの創造」に続いて「エヴァの創造」の場面が描かれる。ミケランジェロはこの部分も、創世記第二章の記述に依拠している。その部分は次のとおりである。

sis104.1.jpg

創世記の記述は、天と地及び天体の創造のあと生き物の創造を挟んで、いよいよ人類の祖先たるアダムとエヴァの創造に及ぶ。この二人がどのように創造されたかについて、創世記の記述はいささか混乱している。第一章では、神が男と女を同時に創造したということになっているのに対して、第二章ではまず男(アダム)を創造し、その後でアダムの体の一部から女(エヴァ)を創造したということになっている。

sis103.1.jpg

「天体の創造」に続いて「大地と水の分離」が描かれているが、この二つの話の順序が原典の創世記とは逆になっていることは、前回言ったとおりである。「天体の創造」に対応する創世記の箇所は第一章6~13、神の創造行為のうち二日目と三日目にあたる部分である。そこには次のように記されている。

sis102.1.jpg

「光と闇の分離」に続いて「天体の創造」のイメージが描かれる。創世記では、光と闇の分離に続いて水と天、及び陸地と海の創造が語られ、それに引き続いて天体の創造について記されるのであるが、ミケランジェロはその順序を逆転させて、「天体の創造」を先にして描いたわけである。

sis101.1.jpg

システィナ礼拝堂天井の縦軸に沿った中心線沿いに、ミケランジェロは創世記から選んだ九つの場面を描いた。そのうち、「最後の審判」が描かれている祭壇側、すなわち東側の壁に最も近いところに、「光と闇の分離」を描いた。これは、創世記の冒頭部分に記されている、神による光と闇の分離をイメージにしたものである。

000.jpg

システィナ礼拝堂が現在の形に建てられたのは1477年から1480年にかけてのことである。それ以前には、14世紀半ばに建てられた大礼拝堂があった。それが構造上の問題で大改築を必要としたので、時の法王シクストゥス四世の命によって建て直されたのである。システィナという名称は、この法王にちなんだものである。

飛翔:ゴヤの版画「妄」

| コメント(0)
gop4041.13.jpg
(飛翔法)

レオナルド・ダ・ヴィンチが「飛行する機械」を構想して以来、人類が鳥のように飛翔するイメージが人々の心を捉え続けた。ゴヤもまたそのイメージを共有した一人だったようだ。

結婚:ゴヤの版画「妄」

| コメント(0)
gop4031.7.jpg
(結婚の妄)

この絵は、男女が背中合わせにくっついていることから、「結婚の妄」と呼ばれるようになったが、それはゴヤ自身の指示によるものではない。この題名で納得するためには、不具合な要素が多い。

大阿呆:ゴヤの版画「妄」

| コメント(0)
gop4021.4.jpg
(大阿呆)

スペイン語の阿呆という言葉には道化という意味もある。阿呆=道化は、スペインの民俗誌的なキャラクターとして、長い歴史を通じて愛されてきた。イタリアのアルレッキーノ、フランスのピエロのようなものだ。だが、その人気の割には、芸術的な表現の対象とされることは、あまりなかったようである。ゴヤは、阿呆をテーマに取り上げた数少ない芸術家の一人である。

女と滑稽:ゴヤの版画「妄」

| コメント(0)
gop4011.1.jpg
(女の妄)

数人の女たちが毛布を引っ張り合い、その上に藁人形を乗せて、トランポリンのように跳躍させている。よく見ると、毛布には一匹のロバが横たわっているが、それが本物のロバなのか、それともロバの模様なのか、はっきりとはわからない。

妄( Los Disparates ):ゴヤの版画

| コメント(0)
今日「妄( Los Disparates )」という名で呼ばれる版画群は、ゴヤの晩年、おそらく「黒い絵」の製作と同じ時期(1819-1823)に作られたものと考えられている。主題はともかく、その雰囲気に共通性があるからである。すなわち、老い、死の苦しみ、迷信のむなしさ、悪の凶暴さといったテーマが、ここでも強調されている。これは、フェルダンド七世の王政復古がもたらした時代の閉塞性への絶望と、ゴヤ自身の老いと死の予感が、しからしめたのだと考えられる。

闘牛士の死:ゴヤの版画

| コメント(0)
gop3051.33.jpg
(マドリード闘牛場におけるペペ・イーリョの悲劇的な最後)

闘牛は非常に危険な競技であるから、時には闘牛士が死ぬこともあった。とりわけ、1801年5月11日に、マドリードの闘牛場でペペ・イーリョが牡牛の攻撃で死んだことは、大きな反響を沸き起こしたという。その場面は、ゴヤも現場で目撃しており、その折の鮮明な記憶をもとに、当版画集のために三点の絵を制作した。これはそのうちの一枚。三枚のうち、この版画集の初版に採用されたのはこれだけである。ゴヤは、この絵を33点の最後に位置づけたのである。

華麗な技:ゴヤの版画

| コメント(0)
gop3041.20.jpg
(マドリード闘牛場でファニート・アピニャーニが見せた敏捷さと大胆さ)

版画集「闘牛技」の中核を占めるのは、闘牛士の勇気とそれが演出する華麗な技を描いた作品群である。こうした技の数々を描くときのゴヤは、心からそれを楽しんでいたに違いない。というのも、ゴヤはこれらの絵を、記憶をもとに再現したと思われるのだが、その記憶が鮮明であり続けたというのは、そこに大いなる感動と愉悦の感情がこもっていたと考えさせるからだ。

無謀な技:ゴヤの版画

| コメント(0)
gop3031.18.jpg
(サラゴーサ闘牛場でのマルティンチョの無謀な技)

ゴヤは、闘牛技をさまざまな角度から描き出した。それらに共通するのは、闘牛士の勇敢さと彼の技の華麗さの強調だ。そうした勇敢さや華麗さは、ときには無謀さにつながるわけだが、その無謀さは、闘牛の醍醐味をいっそう高める働きをする。そんなわけでゴヤは、無謀をテーマにした絵も、何点か制作している。

闘牛する英雄たち:ゴヤの版画

| コメント(0)
gop3021.10.jpg
(カルロス五世バリャドリード闘牛場で槍で牡牛を突く)

スペインでは、闘牛は職業的な闘牛士のみではなく、騎士たちによっても行われた。モラティンの前述の書は、そうした騎士たちや英雄による闘牛について記している。ゴヤは、そうした記述に依拠しながら、何点かの図柄を製作した。

モーロ人と闘牛:ゴヤの版画

| コメント(0)
gop3011.1.jpg
(昔のスペイン人が馬に乗って野原で牡牛を狩りする方法)

版画集「闘牛技」の最初の数枚は、モラティンの著作「スペインにおける闘牛の起源と発展に関する歴史的解説」を踏まえている。モラティンによれば、スペインで闘牛をスポーツとして始めたのはモーロ人、つまりイスラム教徒だった。モーロ人たちは、馬に乗って牡牛を狩りとり、競技用にしていたということらしい。

Previous 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14



最近のコメント

アーカイブ