17940円 【クリスマス限定】【本場黄八丈】特選草木染手織紬地羽織羽織紐付き≪御仕立て上がり・中古美品≫「刈安間道」目利きで掘り出し!着物好きの終着点羽織丈76 裄66 レディースファッション 和服 着物 17940円,/instancy111091.html,レディースファッション , 和服 , 着物,【クリスマス限定】【本場黄八丈】特選草木染手織紬地羽織羽織紐付き≪御仕立て上がり・中古美品≫「刈安間道」目利きで掘り出し!着物好きの終着点羽織丈76,blog2.hix05.com,裄66 クリスマス限定 早割クーポン 本場黄八丈 特選草木染手織紬地羽織羽織紐付き≪御仕立て上がり 中古美品≫ 目利きで掘り出し 刈安間道 着物好きの終着点羽織丈76 裄66 クリスマス限定 早割クーポン 本場黄八丈 特選草木染手織紬地羽織羽織紐付き≪御仕立て上がり 中古美品≫ 目利きで掘り出し 刈安間道 着物好きの終着点羽織丈76 裄66 17940円,/instancy111091.html,レディースファッション , 和服 , 着物,【クリスマス限定】【本場黄八丈】特選草木染手織紬地羽織羽織紐付き≪御仕立て上がり・中古美品≫「刈安間道」目利きで掘り出し!着物好きの終着点羽織丈76,blog2.hix05.com,裄66 17940円 【クリスマス限定】【本場黄八丈】特選草木染手織紬地羽織羽織紐付き≪御仕立て上がり・中古美品≫「刈安間道」目利きで掘り出し!着物好きの終着点羽織丈76 裄66 レディースファッション 和服 着物

クリスマス限定 早割クーポン 本場黄八丈 特選草木染手織紬地羽織羽織紐付き≪御仕立て上がり 中古美品≫ 目利きで掘り出し 刈安間道 着物好きの終着点羽織丈76 裄66 格安新品

【クリスマス限定】【本場黄八丈】特選草木染手織紬地羽織羽織紐付き≪御仕立て上がり・中古美品≫「刈安間道」目利きで掘り出し!着物好きの終着点羽織丈76 裄66

17940円

【クリスマス限定】【本場黄八丈】特選草木染手織紬地羽織羽織紐付き≪御仕立て上がり・中古美品≫「刈安間道」目利きで掘り出し!着物好きの終着点羽織丈76 裄66



◆最適な着用時期 10月から翌3月の羽織、コートの時期

◆店長おすすめ着用年齢 全年齢対象(※とくに制限なくお召しいただけます)

◆着用シーン おでかけの際の防寒用、お洒落な羽織ものとして

◆あわせる着物 小紋、織のお着物 など
表裏:絹100% 縫製:手縫い
背より羽織丈76cm(2尺 0寸 1分)
裄丈66cm (1尺 7寸 4分) 袖巾33.5cm (8寸 8分)
袖丈49.2cm (1尺 3寸 0分)
前巾(襠含む)23cm (6寸 1分) 後巾29.5cm (7寸 8分)
※羽織紐(組み紐)付き

【裄丈のお直しについて】
概算ではございますが、以下の最長裄丈までお出しできるものと思われます。
≪最長裄丈≫ 裄丈71cm (1尺 8寸 7分) 袖巾36cm (9寸 5分)
※目視での縫込みの確認による概算となります。
※寸法を最大寸まで変更する場合肩裏の交換が必要となります。
詳細はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

※素材の性質上、フシによる凹凸組織の変化、色の濃淡などございます。
風合いであって難ではございませんので、その点ご了承くださいませ。


【 仕入れ担当 渡辺より 】
織のお着物ファン、お着物通の方に人気の有る本場黄八丈の生地で
羽織をお誂えされたお品でございます。残念ながら証紙類が
付属しておりませんが、ハリとコシのある八丈独特の地風に、
刈安ベースの彩りをお楽しみいただけます。


【 お色柄 】
代表的なお色である八丈刈安(コブナグサ)を用いた
濃い黄朽葉色地に、鳶と媚茶の彩りで間道縞が
織りだされております。

防寒着が必要な季節活躍してくれる羽織は
道中着や道行などの和装コートと違い、
基本的には室内でも着用してもよいもの。
(例外として、略礼装として羽織を着用している場合は、
親しい間柄の訪問時以外は脱ぐのが良いとされております。)

小紋や織のお着物を御召の際の羽織物として、
独特の彩りとしっかりとした織の風合いを
ご堪能いただけることでしょう。


【 商品の状態 】
中古品として仕入れてまいりましたが、
大切に保存されていたのでしょう、美品でございます。
お手元で現品を確認の上、お値打ちに御召くださいませ。

*****************************************
黄八丈について
*****************************************
1977年(昭和52年)国の伝統的工芸品に指定

八丈島に伝わる草木染めの絹織物
その歴史は古く800年以前から納税品として納められ、
八丈島の名は「八丈織」から取られたとも言われる。
現在では後継者が少なく、黄八丈技術保存会が発足され
その技術者の保護にあたっている。

代表格である黄色の黄八丈の他に、黒を主にした
「黒八丈」、樺色を主とした「鳶八丈(とびはちじょう)」
がある。「ふしづけ」や「あくつけ」、「泥つけ」と
呼ばれる染めが特徴的で、糸染めに使う色は八丈刈安
(学名:コブナグサ)の黄、マダミ(学名:タブの木)の樺、
椎の木と泥染めを用いた黒の三色が主だった色で、八丈島の
厳しい自然の中で得られる染料が三色に限られた事に由来する。
製織には地機(じばた)が使われたが、現在はほぼ
高機(たかはた)による製織である。

伝統的な技術・技法
・先染めの平織り又は綾織りとする。
・よこ糸の打ち込みには、手投げ杼(てなげひ)を用いる。
・染色は、手作業による浸染とする。
※この場合において、染料は、コブナグサ、タブノキ又は
シイを原料とする植物性染料とし、媒染剤は木炭又は泥土とする。

他の地方で織られた類似品に米沢八丈、秋田八丈がある。

※仕立てあがった状態で保管されておりますので、たたみシワなどがあることがございます。この点をご了解くださいませ。
[文責:牧野 佑香]

▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

【クリスマス限定】【本場黄八丈】特選草木染手織紬地羽織羽織紐付き≪御仕立て上がり・中古美品≫「刈安間道」目利きで掘り出し!着物好きの終着点羽織丈76 裄66

どこにでも咲いている野草から、ふだん目にしない花まで、 その日その時の出会いに感謝を込めながらの雑談です。

↑このページのトップヘ