〔企業別動向予測シリーズ〕 夏セール開催中 住宅メーカ10社〔2020年〕 技術開発実態分析調査報告書 〔企業別動向予測シリーズ〕,/instancy215891.html,15210円,「住宅メーカ10社〔2020年〕」技術開発実態分析調査報告書,本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 経営 , 経営戦略,blog2.hix05.com 〔企業別動向予測シリーズ〕 夏セール開催中 住宅メーカ10社〔2020年〕 技術開発実態分析調査報告書 15210円 〔企業別動向予測シリーズ〕 「住宅メーカ10社〔2020年〕」技術開発実態分析調査報告書 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 経営 経営戦略 15210円 〔企業別動向予測シリーズ〕 「住宅メーカ10社〔2020年〕」技術開発実態分析調査報告書 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 経営 経営戦略 〔企業別動向予測シリーズ〕,/instancy215891.html,15210円,「住宅メーカ10社〔2020年〕」技術開発実態分析調査報告書,本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 経営 , 経営戦略,blog2.hix05.com

【18%OFF】 〔企業別動向予測シリーズ〕 夏セール開催中 住宅メーカ10社〔2020年〕 技術開発実態分析調査報告書

〔企業別動向予測シリーズ〕 「住宅メーカ10社〔2020年〕」技術開発実態分析調査報告書

15210円

〔企業別動向予測シリーズ〕 「住宅メーカ10社〔2020年〕」技術開発実態分析調査報告書



■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2020年5月25日
■資料体裁:A4判、274頁、簡易製本
■ISBN:978-4-86685-333-8



★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス


■本誌の特徴等
1.調査目的
 「住宅メーカ10社」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類などに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1) 「住宅メーカ10社」にどのような技術の出願があるか、
 (2) 「住宅メーカ10社」の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3) 2016年1月以降における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
 (4) 住宅メーカ10社と共同出願人との連携状況はどのようになっているか、
 (5) これらの企業に強い弁理士(特許事務所)はどこか
等を明確にして、「住宅メーカ10社」の知財の現状につき具体的なデータを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。
【注】旭化成グループと積水化学工業では、マップ上それぞれ住宅のブランド名である
  「ヘーベルハウス」「セキスイハイム」で表示した。

【住宅メーカ10社】
1.大和ハウス工業
2.トヨタホーム
3.セキスイハイム
4.ヘーベルハウス
5.ミサワホーム
6.積水ハウス
7.住友林業
8.パナソニックホームズ
9.三井ホーム
10.住友不動産


2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「住宅メーカ10社」の国内出願日:2008年1月1日~2019年11月30日に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は7,681件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、以下の2つの部分から構成されている。
1.パテントマップ編
 A.2016年1月~2019年11月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.2014年4月~2019年11月の出願における動向分析(既刊「住宅メーカ10社〔2015年版〕」以降)
 C.住宅メーカ10社全体分析
 D.住宅メーカ10社技術開発状況分析(特許分類)
 E.住宅メーカ10社技術開発状況分析(キーワード)
 F.住宅メーカ10社比較分析
 G.住宅メーカ上位8社個別分析
 H.特定4社比較分析(1位大和ハウス工業、2位トヨタホーム、3位セキスイハイム、4位ヘーベルハウス)
 I.弁理士(特許事務所)の動向分析

2.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
●「住宅メーカ10社」に関する国内出願日:2008年1月1日~2019年11月30日の出願、さらには2016年1月以降の出願の技術動向が分かりやすく把握できる。
●「住宅メーカ10社」に関する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。 



はじめに

調査分析結果

I.パテントマップ編

A.2016年1月~2019年11月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 2016年1月~2019年11月の出願における
  ・出願人別出願件数ランキング(上位50)
  ・技術分類(上位50FI、上位50Fターム)別出願件数ランキング
  ・出願人別出願件数伸長率マップ(出願件数上位50)
 の4マップを掲載。
 【資料1、2】2016年1月~2019年11月の出願における新規出現したFIサブグループとFタームの分類リスト(上位100)

B.2014年4月~2019年11月の出願における動向分析(既刊「住宅メーカ10社〔2015年版〕」以降)
 2014年4月~2019年11月の出願における
  ・出願件数*出願人数の推移対比(6ヶ月毎)
  ・上位20出願人と上位20技術分類の相関マップ
  ・出願人上位2のFIサブグループ分類別出願件数ランキング
  ・出願人、分類別の占有率分析
  ・1位技術分類と他分類との相関マップ
 など10マップを掲載。

C.住宅メーカ10社全体分析
 「住宅メーカ10社」の全体動向について
  ・件数推移、発明者数推移マップ
  ・出願人別の出願件数マップ、最大伸び率・平均伸び率マップ
  ・技術分類分析マップ
  など9マップを掲載。

D.住宅メーカ10社技術開発状況分析(特許分類)
 住宅メーカ10社技術開発状況を分析するための
  ・分類数の推移(年次と累計)
  ・分類別の出願件数マップ、伸長率マップ、出願件数推移マップ
  ・分類別の出現・消失状況分析、伸びと構成率分析、占有率分析
  ・特定分類における様々な観点の詳細分析
 など31マップを掲載。

E.住宅メーカ10社技術開発状況分析(キーワード)
  ・キーワードの伸長率マップ
  ・キーワードの出現・消失状況マップ
 などの3マップを掲載。

F.住宅メーカ10社比較分析
 住宅メーカ10社を比較分析するための
  ・件数比較マップ、件数推移マップ
  ・新規技術分類数、新規発明者数、共同出願人数の推移マップ
  ・住宅メーカ10社と技術分類との相関マップ
  ・審査・権利状況
 など11マップを掲載。

G. 住宅メーカ上位8社個別分析
 住宅メーカ10社の上位8社を個別分析するための
  ・上位8社個別の技術分類上位20による出願件数推移マップ
  ・上位8社個別の技術分類上位20、キーワード上位20による出現・消失状況マップ
  ・上位8社個別の技術分類別の伸長率マップ、伸びと構成率マップ、最大伸び率・平均伸び率マップ
  ・上位8社個別の独自キーワードを分析するマップ
  ・上位8社の共同出願人
 など74マップを掲載。

H.特定4社比較分析(1位大和ハウス工業、2位トヨタホーム、3位セキスイハイム、4位ヘーベルハウス)
 特定4社を比較分析するための
  ・技術分類上位20による4社比較の出願件数マップ、出願件数推移マップ
  ・4社の伸長率、伸び変遷を比較するためのマップ
 など12マップを掲載。

I.弁理士(特許事務所)の動向分析
  ・弁理士別の出願件数、出願件数推移マップ
  ・上位40弁理士と上位20FIメイングループの相関マップ
 の3マップを掲載。


II.パテントチャート編

パテントチャートでは、特定の出願人を指定し
 ・公報図等を含む時系列チャート、Fターム分類と発明者のマトリクスチャート分析
 ・特定Fターム分類の技術分類マトリクスチャート
 ・注目特許のサイテーションマップ
など6マップを掲載。

III. 総括コメント
参考資料
【資料3】出願人統合リスト
【資料4】住宅メーカ10社の上位100発明者リスト
【資料5】パテントマップ・パテントチャートの種別と見方










〔企業別動向予測シリーズ〕 「住宅メーカ10社〔2020年〕」技術開発実態分析調査報告書

  1. 2021年12月28日 (火) 更新  [10月22日掲載] 災害と緊急調査

    「福徳岡ノ場火山2021年噴火情報」

    火山噴火予知連絡会に提出した資料を追加掲載
    「福徳岡ノ場,2021年8月13-15日の活動と噴出物量の推定」他1件

     

  2. 2021年12月28日 (火) 更新  [10月22日掲載] 災害と緊急調査

    「阿蘇火山中岳2021年噴火情報」

    火山噴火予知連絡会に提出した資料を追加掲載
    「2021年10月阿蘇中岳噴出物の構成粒子の特徴」

     

  3. 2021年12月28日 (火) 掲載 災害と緊急調査

    火山噴火予知連絡会に提出した資料を掲載

    「西之島,2021年11月25日の活動」他4件を掲載しました。

     

  4. 2022年 2月25日 (金) 開催 [12月24日掲載] イベント

    第36回 地質調査総合センターシンポジウム

    3次元で解き明かす東京都区部の地下地質
    【事前登録制・オンライン開催】

     

  5. 2021年 12月24日 (金) 掲載 出版物とサービス

    【送料無料】LUXMANL-509Xラックスマンプリメインアンプ

    地質調査研究報告 Vol.72 No.6(2021)を発行(掲載)しました。

     

  6. 2022年 2月10日 (木) 開催 [12月22日掲載] イベント

    第35回 地質調査総合センターシンポジウム 地圏資源環境研究部門 研究成果報告会

    ゼロエミッション社会実現に向けたCCSIにおける産総研の取り組み
    【事前登録制・オンライン開催】

     

  7. 2021年12月21日 (火) 発表・掲載 ニュースリリース

    「新型コロナウイルス感染リスク計測評価研究ラボ」を設立

    -計測技術・評価技術の開発とスタジアム等での社会実装を加速-
    (地圏資源環境研究部門 保高徹生 研究グループ長らが参画する研究ラボの設立のお知らせです。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  8. 2021年12月 6日 (月) 掲載  [12月 3日発表] プレスリリース

    超深海の変質したマントル岩石の内部で炭素を含む海水が循環していることを明らかに

    (地質情報研究部門 針金由美子 主任研究員が共同で行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  9. 2021年12月 1日 (水) 掲載 出版物とサービス

    GSJ 地質ニュース Vol.10 No.11

    GSJ 地質ニュース vol.10 / No.11 を発行(掲載)しました。

     

  10. 2021年11月29日 (月) 掲載  [11月26日発表] ニュースリリース

    政府および愛知県の技術実証において音楽コンサートの感染予防のための調査を実施

    (地圏資源環境研究部門 保高徹生 研究グループ長らの実施する調査です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  11. 2021年11月12日 (金) 掲載  [11月11日発表] ニュースリリース

    海外直輸入で国内未入荷商品やレア商品を多数販売中 Hart ハート Hunting ジャケット Irati SP Line-J L Green 送料無料

    -Bリーグにおいて技術実証-
    (地圏資源環境研究部門 保高徹生 研究グループ長らの実施する調査です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  12. 2021年11月10日 (水) 発表・掲載  主な研究成果

    政府の技術実証による大規模イベントでの感染予防対策の調査(第一報)

    -2021年10月のJリーグ・日本代表戦におけるワクチン・検査パッケージ導入試合の調査結果-
    (地圏資源環境研究部門 保高徹生 研究グループ長らの研究成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  13. 2021年11月 9日 (火) 発表・掲載  ニュースリリース

    政府の技術実証において大規模イベントの感染予防のための調査を実施

    -プロ野球 クライマックスシリーズおよび日本シリーズにおいて技術実証-
    (地圏資源環境研究部門 保高徹生 研究グループ長らの実施する調査です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  14. 2021年11月 5日 (金) 発表・掲載  プレスリリース

    地震計データから読み解くコロナ禍による経済・余暇活動の縮小

    -地震観測以外の新しい活用-
    (活断層・火山研究部門 二宮 啓 研究員らの研究成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  15. 一覧へ


  1. 2022年 2月25日 (金) 開催 [12月24日掲載] イベント

    第36回 地質調査総合センターシンポジウム

    3次元で解き明かす東京都区部の地下地質
    【事前登録制・オンライン開催】

     

  2. 2022年 2月10日 (木) 開催 [12月22日掲載] イベント

    第35回 地質調査総合センターシンポジウム 地圏資源環境研究部門 研究成果報告会

    ゼロエミッション社会実現に向けたCCSIにおける産総研の取り組み
    【事前登録制・オンライン開催】

     

  3. 2021年 8月 3日 (火) -12月26日 (日) 終了 [10月25日更新] イベント

    地質標本館 特別展
    「南極の過去と現在、そして未来-研究最前線からのレポート-」

    地球上で最も寒い南極は人類が最後に到達した大陸であり、未だその素顔は十分に明らかにされていません。近年、南極氷床の融解により、世界の海面が予想以上のスピードで上昇することが懸念されています。今、南極で何が起こっているのか。今後どうなっていくのか。最新の研究から明らかにされつつある南極大陸とそれを取り囲む海の謎に迫ってみましょう。

     

  4. 2021年10月 5日 (火) -12月 5日 (日) 終了 [10月 1日掲載] イベント

    地質標本館 企画展「メタセコイアー白亜紀から現在までの姿ー」

    メタセコイアは約1億年前の白亜紀から化石として残っている植物です。変わりゆく地球環境の中で一度は絶滅したと考えられていました。国内の化石と、現在生きているメタセコイアから「生きている化石」としての変わらない姿を紹介します。

     

  5. 2021年11月22日 (月) 終了  [10月18日掲載] イベント

    2021年 地質地盤情報分科会 令和3年度講演会

    -地質リスクの低減に向けた地質調査・データクオリティ・解析技術ー
    【オンライン形式 / 参加無料、事前登録制】

     

  6. 2021年11月12日 (金) 終了 [ 9月27日掲載] イベント

    ≪純正部品・パーツ≫ シマノ '20 リミテッド プロ RS NR H90NR #5番 【返品不可】

    -東日本大震災から10年の成果と今後-
    【事前登録制・オンライン開催】

     

  7. 2021年10月25日(月)- 29日(金) 終了 [ 8月18日掲載] イベント

    2021年度 第2回 地質調査研修 (経験者向け)

    -地質調査総合センターが主体となって行う企画です-
    研修場所:島根県出雲市長尾鼻周辺

     

  8. 2021年 9月 8日 (水) -10日 (金) 終了 [ 7月20日掲載] イベント

    2021年度地震・津波・火山に関する自治体職員研修のご案内

    昨年度開催を見送った自治体職員研修を、本年度はWeb会議方式で開催することとなりました。

     

  9. 2021年 4月27日 (火) - 8月 1日 (日) 終了 [ 4月16日掲載] イベント

    フジツボ S2000 LA,ABA-AP1 マフラー Legalis R レガリスR 760-55511 FUJITSUBO 補強パーツ フジツボ S2000 LA,ABA-AP1 マフラー Legalis R レガリスR 760-55511 FUJITSUBO

    プレートの沈み込みにより、日本の周辺では毎日500件ほどの地震が起こっています。そのほとんどは人には感じられないほどの小さなものですが、その小さな地震を解析していくことで、地域にたまったストレス(応力)が見えてきます。本特別展では、そのような日本列島の地下にひそむ見えない力をご紹介します。

     

  10. 一覧へ(イベント一覧は、一部改修中のため更新されていません。)


  1. 2021年12月 6日 (月) 掲載  [12月 3日発表] プレスリリース

    超深海の変質したマントル岩石の内部で炭素を含む海水が循環していることを明らかに

    (地質情報研究部門 針金由美子 主任研究員が共同で行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  2. 2021年11月 5日 (金) 発表・掲載  プレスリリース

    地震計データから読み解くコロナ禍による経済・余暇活動の縮小

    -地震観測以外の新しい活用-
    (活断層・火山研究部門 二宮 啓 研究員らの研究成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  3. 2021年 9月 3日 (金) 発表・掲載  プレスリリース

    千葉県の太平洋岸で歴史記録にない津波の痕跡を発見

    -約1000年前に発生した房総半島沖の巨大地震によって九十九里浜地域が浸水-
    (活断層・火山研究部門 澤井祐紀 上級主任研究員、行谷祐一 主任研究員らの研究成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  4. 2021年 6月30日 (水) 発表・掲載  プレスリリース

    マウス脳微小透析法の温故知新

    -神経伝達物質の濃度変化を1分ごとに観測し、ベイズ統計モデリングから単一マウスの時系列データ解析が可能に-
    (地質情報研究部門 井口 亮 主任研究員が共同で行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  5. 2021年 5月21日 (金) 発表・掲載  プレスリリース

    ついに完成!東京都心部の3次元地質地盤図

    -東京23区の地下の地質構造を立体的に観察できる次世代地質図-
    (地質情報研究部門 中澤 努 研究グループ長、野々垣 進 主任研究員の研究成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  6. 2021年 4月19日 (月) 発表・掲載  プレスリリース

    2個目以降1個につき次回使える1000円クーポンプレゼントさらにレビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント 【送料無料】(業務用20セット) プラス ドリルパンチ1穴 PU-100DR 生活用品・インテリア・雑貨 文具・オフィス用品 パンチ レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント

    -香川・徳島県境域の5万分の1地質図幅「池田」の刊行-
    (地質情報研究部門 野田 篤 研究グル ー プ長らが行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  7. 2021年 4月19日 (月) 発表・掲載  プレスリリース

    人が感じないごく小さな揺れの成分解析から地熱発電に利用可能な熱水の流動を検出

    -地熱発電などの深部地下開発時の新たなモニタリング技術-
    (再生可能エネルギー研究センターの岡本 京祐 研究員らが行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  8. 2021年 4月12日 (月) 発表・掲載  プレスリリース

    海底広域研究船「かいめい」を用いた国際深海科学掘削計画(IODP)第386次研究航海の実施について

    -日本海溝で起きた過去の地震の痕跡を探る-
    (地質情報研究部門 池原 研 特命上席研究員らが海洋研究開発機構らと共同で行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  9. 2021年 3月30日 (火) 発表・掲載  プレスリリース

    四国地域の土壌中有害重金属類のリスクを地図として"見える化"

    -災害土砂などの安全性評価に貢献する「表層土壌評価基本図」をウェブ公開-
    (地圏資源環境研究部門 川辺 能成 研究グループ長と原 淳子 主任研究員が行った研究の成果です。)

     

    記事を読む(産総研Webサイト)

  10. 2021年 3月17日 (水) 発表・掲載  プレスリリース

    陸域からの過度のリン供給がサンゴの生育を妨げるメカニズムが明らかに

    (地質情報研究部門 飯島 真理子 産総研特別研究員、井口 亮 主任研究員らが北里大学らと共同で行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  11. 一覧へ


  1. 2021年 8月 3日(火)掲載

    ASTER GDEM標高タイルを公開(2021年7月30日)

    シームレス標高タイルから,ASTER全球3次元地形データバージョン3の標高タイルを公開しました。約30mメッシュの全世界陸域標高データが利用できます(ハワイオアフ島の3D表示サンプル)。

     

  2. 2021年 3月29日 (月) 掲載

    MyMap3Dを公開

    3D地図ページを簡単に作成、表示するためのウェブサービスを公開しました。
    表示範囲やカメラの向きなどを自由に変更して3D地図ページを作成できます。

     

  3. 2020年12月28日 (月) 掲載

    浸水シミュレーションを公開(12月25日公開)

    シームレス標高タイルを利用した浸水シミュレーションを公開しました。水位を自由に指定して浸水域を表示することができます。

     

  4. 2020年12月18日 (金) 掲載

    重力図(ブーゲー異常) 34 「名古屋地域重力図」を出版しました。

    リンク先ページよりダウンロードできます。

     

  5. 2020年10月 1日 (木) 掲載

    シームレス標高タイルを公開

    兵庫県高精度標高タイルを含むシームレス標高タイルを公開しました。3D地図サイトの作成やシミュレーション等にご利用いただけます。

     

  6. 2020年 7月 2日 (木) 掲載

    地熱情報データベースを公開

    温泉や地熱調査井など,日本における地熱調査研究で整備されてきた情報をデータベースとして公開しました。

     

  7. 2019年12月20日 (金) 掲載

    20万分の1日本シームレス地質図 V2のダウンロードファイル更新

    20万分の1日本シームレス地質図 V2のダウロードファイル(シェープファイル)を更新しました。

     

  8. 2019年 5月14日 (火) 掲載

    20万分の1日本シームレス地質図 V2 の新表示システムを公開

    メイン画面がV2版になり、現在位置の表示、活断層や火山の表示とデータベースへのリンク、3D表示、凡例の用語説明、凡例絞り込み表示(PCのみ)などに対応しました。

     

  9. 2019年 4月23日 (火) 掲載

    誰も届かなかったDSDの未踏の領域へ 1大特典付 Korg / NU-1 1BIT USB-DAC / ADC + プリアンプ ハイレゾ コルグ

    これまで、貴重資料データベースとして公開してきた出版資料について、IIIF(International Image Interoperability Framework)に対応した配信を始めました。IIIF対応のビューア「地質調査所初期出版資料デジタルアーカイブ」からご利用いただけます。

     

  10. 2018年 3月12日

    20万分の1日本シームレス地質図 V2 Web API の正式公開

    ウェブサイト構築などで利用できる20万分の1日本シームレス地質図 V2 Web API の正式公開を開始しました。地理院タイルと同様のマップタイルや、凡例情報の取得にご利用いただけます。

     


地質情報データベース

GSJの組織

ご利用案内