日本の美術

oukyo17.97.jpg

円山応挙は動植物の写生図を数多く残したが、これは「百蝶図」と題して、夥しい数の蝶を、同じ平面に並べたもの。個々の蝶をよく見ると、同じ時期に見られないものも含まれているから、厳密な写生ではないことがわかる。応挙は日頃描きためていた蝶の写生図を、ここに一同に集めて披露したのであろう。

oukyo16.96.1.jpg

氷をモチーフにしたこの図柄は、まるで抽象画のようである。というのも、氷を数本の墨の線だけで表現しており、これを氷と認識するには、かなりの想像力がいるからだ。

oukyo15.1.95.2.1.jpeg

「保津川図屏風」は寛政七年というから、応挙が死んだ年に描いたもの。応挙の絶筆というべき作品だ。応挙はこの前年に三井家の注文で瀑布図を描いているが、この図はその延長上にあるもの。やはり保津川の瀑布とその先の水の流れをモチーフにしている。そのことから応挙を瀑布の画家とする呼び方もある。

oukyo14.1.95.1.1.jpg

兵庫県香住の大乗寺には、応挙が一門をあげて多くの襖絵を制作した。これはその一部。寺の主室である大広間を飾るもので、全部で十六面あるうちの一部だ。

oukyo13.4.1.jpg

「瀑布図」と題するこの絵は、応挙のパトロン三井八郎兵衛の注文で、金刀比羅宮のために描いたもの。表書院の床の間を飾ったものだ。

oukyo12.1.88.1.1.jpg

天明八年(1788)一月、大火災が京都中を焼きつくし、焼き出された応挙は、故郷亀岡の金剛寺に身を寄せた。その折に、幼い頃に世話になったお礼も込めて、大規模な襖絵を描いて寄贈した。その規模は、寺の主要な三つの部屋のすべての襖に描くというものだった。

oukyo11.1.87.1.1.1.jpeg

兵庫県の香住町にある大乗寺に、応挙とその一門が計百六十五面の襖絵を描いた。そのうち応挙は八面を担当した。図柄の郭子儀は、唐の玄宗皇帝に仕えた武将で、人格円満、子孫も反映したので、おめでたさを象徴する人物として、好んで画題に選ばれた。

oukyo10.86.1.jpg

「木賊兎図」と題するこの絵は、木賊を背景にして三匹の兎を描いている。その三匹にはそれぞれ動きがあって、一番左手の兎が後ろのほうへ向いていることで、木賊に連続する視点を導いている。

oukyo09.1.1.84.1.1.jpg

朝顔と子犬を描いたこの絵は、愛知県の明眼院という寺の杉戸に描かれたものだ。現在は東京国立博物館裏の応挙館に収められている。

oukyo08.1.77.1.1.jpg

「雪松図屏風」と題したこの一双の屏風図は、豪商三井家の注文を受けて描いたもの。三井家は呉服屋として出発し、両替なども手掛けながら、当時日本有数の豪商に発展していた。その三井家の勢いを、この屏風図は感じさせるように描いている。

oukyo07.1.76.2.1.jpg

竹をモチーフにしたこの一双の屏風絵は、題名にもあるとおり「竹」を通じて雨や風を描いている。その雨やら風は、表面上は目に見えないが、竹の動きを通じて伝わってくるように描かれている。その描き方から見て、左隻が雨、右隻が風を描いていることがわかる。

oukyo06.1.76.1.1.jpg

「藤花図屏風」は応挙の代表作と言ってよい作品。藤の花を写実的に描いていながら、単純な写実にとどまらない。対象を大胆に省略しながら、対象の持つ本質的な形象を浮かび上がらせるように描いている。

oukyo05.1.74.1.1.jpg

「寒菊水禽図」と題したこの絵は、「飛雁芙蓉図」と夏冬一対をなすもの。冬の冷たい氷の上を遊ぶ水禽を描いている。応挙四十一歳の時の作品である。

oukyo04.1.73.1.1.jpeg

雲竜図屏風は京都の東寺観智院に伝来していたもので、灌頂の儀式に用いられていたという。水の儀式でもある灌頂の儀式には、水の王者である龍ほどふさわしいものはないということであろう。

oukyo03.71.1.jpg

「牡丹孔雀図」も三井寺円満院の祐常門主の依頼で描いた。応挙は農民出身で、主流派の狩野派にも属さなかったが、比較的若い頃から名声が高かった。その背景には、天皇家に連なる祐常門主や豪商三井家の保護があった。

oukyo02.1.68.1.1.JPG

七難七福図は、三井寺裕常門主の依頼を受けて描いたもので、任王経にもとづき人の七難七福のありさまをイメージ化したものだ。全三巻からなり、それぞれ天災、人災、福をテーマにしている。三巻とも優劣つけがたいが、福の巻がもっとものびのびとした筆づかいとの定評がある。

oukyo01.65.1.jpg

円山応挙といえば写生画といわれるほど写実的な絵が売り物だったが、初期には伝統的な技術に乗っかった絵を描いていた。それらの絵には、構図や色彩配置に、日本画独特の特徴を見て取ることができる。しかし応挙は単に伝統を受け継ぐことでは満足しなかった。そこに自分独特のものを追加し、新鮮な図柄を想像することをめざしていた。

oukyo.jpg

十八世紀の後半、徳川時代の半ば頃に、日本画は円熟期を迎える。伊藤若冲、曽我蕭白、池大雅、与謝蕪村といった画家たちが輩出し、それぞれ独特の境地を開拓して、人々の支持を得た。そのなかで円山応挙は、写生を重んじ、写実的な絵を描いた。円山応挙が出ることによって、写生画への関心が一気に高まったのである。

f.sess64.saru.jpg

「竹林に猿蟹図」は、雪村の最晩年、三春時代の作だろう。真竹の林の中で、蟹をつかまえよとする猿たちを描いている。蟹は藻屑蟹と思われる、それを一匹の猿が左手をのばしてつかもうとし、その背後では三匹の猿たちが様子を見守っている。猿たちの様子や表情からみて、前方にいて蟹をつまもうとしているのがボス猿なのだろう。

f.sess16.jpg

雪村は最晩年の七十歳代に、福島県の三春に隠棲した。ここで七十一歳の時に、「竹林七賢図屏風」を制作している。竹林七賢とは、中国の三国時代に実在したとされる人物像で、竹林に集い酒を飲みつつ清談したことから、竹林の賢人と呼ばれるようになった。その賢人たちに、老年の雪村が自分のイメージを重ねたということか。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11



最近のコメント

アーカイブ