旅とグルメ

旧友鈴生と久しぶりに会った。昨年の正月に会って以来のことだ。実は今年の小月にも会うつもりではいた。彼とは毎年正月に会っていたし、年賀状のやり取りも欠かさなかった。ところが今年は年賀状も届かなかったし、メールを送っても返事がない。こんなことはこれまでなかったので、もしかしたら不吉な事態でも起こったのかと心配になり、かれの携帯電話に連絡を入れた所、反応があった。今年はいろんなことが重なって身動きが取れないほど忙しい。それであんたへの連絡もままならなかったが、まだぴんぴんしているから、今晩にでも飲もうと言う。その元気そうな声を聴いて小生は一安心し、身辺が落ち着いたら連絡してくれたまえといって電話を切った。その後彼からの連絡を待っていたところ、年も押し詰まってから、一緒に飲もうやとのメールが来た次第だった。

四方山話の会十一月の例会は、忘年会を兼ねて曙橋の中華料理屋峨眉山で開催した。会する者は小生のほか、石、浦、越、小、六谷の合わせて六名。今宵は特にテーマを決めず、銘々勝手なことを話そうといって始まったが、それぞれがてんでに勝手なことを話すのでまとまりがない。わずか六人の会話なのに、話題は幾筋にも交錯して焦点が定まらない。そこで小生は、だれかにスピーカーをつとめさせ議事を仕切らせてはどうかと提案したが、その必要はないといって、てんでんばらばらな会話があちこちで交錯することとなった次第である。

東京駅へは五時半頃に着いた。八重洲口の付近にいい寿司屋があるから、反省会を兼ねてうまい寿司を食っていこうと熟女たちを誘った。熟女たちも乗り気だ。だが、八重洲口の改札を出て辺りを探し回ったがなかなか見つからない。記憶があいまいなのだ。そこでT女のスマホで検索してみたらすぐに見つかった。文明の利器は活用するものですね。

mina04.jpg

六時半に起床すると熟女たちは既に起きていて、もう風呂に浸かって来たと言う。そこで小生も浸かりに行くことにした。法師の湯は再び混浴タイムになっていて、今回は中年の夫婦者が入って来た。その様子をあとで熟女たちに話したら、ここはフルムーンで有名になったので、みな夫婦で来た記念に一緒に混浴風呂に浸かるのでしょうという推測をした。あたっているかどうかはわからない。ただ小生は、この夫婦のうち女の方の体格が極めてよかったので、その体で腹の上に乗られたら、亭主はさぞ苦しかろうと、感想を述べたのだった。

mina03.jpg

法師温泉は一軒宿とはいっても、大小四つの建物からなっている。そのうちの本館と言われる建物は明治八年に建てられたもので、国の重要文化財に指定されているそうだ。木造のクラシックな造りで、現状を重視するあまり客室にはトイレや風呂の設備がない。その本館を中心にして、それぞれの建物や温泉施設が渓流を挟んで並び立っている。その眺めだけでも目の保養になる。最近はその眺めの良さと温泉の風情を求めて外国人たちもやってくるようになったそうだ。同じ水上温泉郷の宝川温泉が、映画「テルマエロマエ」で紹介されたことで、世界中から客が集まるようになったそうだが、ここも最近「テルマエロマエ」続編で紹介されたために、俄に外国人が来るようになったという。そんなこともあって、大層な繁盛ぶりで、この日も三十三ある客室がすべてうまっているそうだ。

mina01.jpg

過日、豊穣たる熟女たちと佐倉・成田を散策した折のことはこのブログでも紹介したが、その際に、今年の夏には水上温泉郷で温泉に浸かりましょうということになった。そこで夏頃に皆さんを誘ったところ、今年の夏は暑くて温泉どころではないようなので、涼しくなってから行きましょうよと変更になった。そんなわけで、十月も押し迫ってから、紅葉狩りを兼ねて温泉に浸かりに行くこととはなった次第だ。投宿先は水上温泉郷の法師温泉。往昔高峰三枝子のフルムーンの宣伝で有名になった湯だ。

ロシアに旅するにあたっては治安の悪さがよく指摘されるが、小生たちもやはりその治安の悪さの犠牲になった。その二三の例を紹介したい。治安が悪いという印象はその国にとって不名誉であるのみならず、旅行者にとっては災厄というべきなので、先進国を標榜する国においては、最優先に解決すべき課題である。

九月二十日(木)七時に起床、パソコンに向かって航空機のオンライン・チェックインをなさんとするに、システム機能せずとのアナウンス表明され目的を達せず。昨日の日記を整理して後、九時頃運ばれ来れる朝餉を食す。

三時頃カフェを去り、地下鉄にてセンナヤ広場駅に至り、ホテルに小憩すること一刻。五時過ぎて再び外出す。今宵は露西亜旅行最後の日なればとて、浦子さるヲーカバーにてヲートカパーティを催さんと提案す。さればタクシーにて赴くべしと、石子のスマホアプリを用ひてヤンジェクス・タクシーを呼び寄せんとす。携帯電話番号の入力を求めらる。石子の携帯番号を入力するに、外国ナンバーは受け付けずと返さる。ここにて初めて、ヤンジェクス・アプリを活用するには、ロシアのSIMカードが必須なりと気付きたり。

rus13.1.JPG
(ネヴァ河畔)

九月十九日(水)六時半に起床して日記を整理す。八時近く朝餉を供せらる。昨日と同じメニューなり。食後窓外を見るに天晴れ渡りて爽快なる陽気のなか、サラリーマンと思しき人々足早に歩み去りたり。その身なり普段着と異ならず。ロシア人はうちとけたる勤め人生活を楽しみをるが如し。

rus12.1.JPG
(アレクサンドリンスキー劇場)

再び舟に乗ること三十数分にしてサンクト・ペチェルブルグに戻る。宮殿前広場を横切る際、ロシア娘より声をかけらる。翁らはキタイなりや、妾と記念撮影をなさざるや、と。余、苦笑して去る。また、驢馬の縫ぐるみを着て通行人をたぶらかし、ともに記念撮影をなして、肖像権料をとるものもあり。つられて付き合ふは剣呑に似たり。

rus11.1.JPG
(エルミタージュ美術館)

九月十八日(火)六時半に起床して日記を整理す。窓よりモスクワ大通りを展望するに、天晴れて爽快なり。八時近くにフロントの老嬢朝食を持ち来る。トーストと目玉焼きとコーヒーなり。

rus10 (1).JPG
(ドム・ヴャゼムスコイの前にて)

九月十六日(月)陰。六時半起床、七時に一階ロビーに諸子と待ち合はせ、ともに食堂に行きて朝餉をなす。モスクワのホテルとほぼ同じメニューなり。

rus09.1.JPG
(ユーリエフ修道院遠望)

食後バス停にてバスを待つ。ややしてバス来る。生活路線なり。車掌にユーリエフ修道院に行きたしと告げ、まはりの乗客にもその旨を告ぐ。かれらバスがユーリエフ修道院に着くや一斉に余にその旨を告ぐ。ために間違ひなく目的地に下車することを得たり。

rus08.1.JPG
(ノヴゴロド駅に到着せる夜行列車)

九月十六日(日)六時に目覚まし時計の音に起こさる。トイレにゆき、歯をみがき、髭をそる。窓外を見るに、あたりやうやう白みはじめ、列車は白樺林の中を進みてあり。時折白樺の林に湖らしきもの景を添へたり。頗る幻想的なり。その雰囲気の微妙なること、あたかも宮沢賢治の林檎林の詩を読むが如し。

rus07.moldov.jpg
(モルドヴァ大使館)

ツム百貨店を出でて、クズネツキー通りを歩む。この通り歩行者天国にて、夥しき数の人々散策す。通りの一角にモルドヴァ大使館の玄関あり。浦子がいふには、この大使館内に大使館の経営するレストランありと。守衛に乞ひて内部に案内せらるべしと旅行ガイドに記しあれば、守衛に案内を乞はんとするに、留守なり。その帰りを待つ間通りの雑踏を眺めゐたり。その雑踏、銀座の雑踏よりも人間臭さを感じせしめたり。ややして守衛帰り来る。すなはち案内を乞ふに、守衛我らを別の入口より招き入れてレストランに案内す。

四方山話の会の十月の例会は、小生らが先日行ったロシアへの旅行報告に宛てられた。小生が総論を話し、その他の諸子がそれぞれ自分の言いたいことを補足しようという具合に意見統一を行ったうえで、会に臨んだ次第だ。参加したものはロシア旅行四人組のほか、福、六谷の両子を合わせて六人だった。

rus06 (1).JPG
(ムジェイ・クスコヴォ)

九月十五日(土)晴。六時に起床して昨日の日記を整理し、八時に食堂にて諸子と落ち合ひ朝餉を共にす。メニューは連日同じなり。この日はノヴゴロドへの移動日なれば、十時にホテルを辞し、タクシーを雇ひてレニングラード駅に到る。その名のとほりサンクト・ペチェルブルグ方面の列車の発着駅なり。構内に入らんとするに荷物の検査をなす。駅にもセキュリティの強化を施すは、ロシアはテロに敏感なるが如し。

rus05 (1).JPG
(プーシキン美術館)

三時過ぎイタリア・レストランを出でて先程来たれる道を戻り、プーシキン美術館に入る。あたかも日本の浮世絵点開催せられてあり。その様子を石子ニュースにて知り是非見物致したしと言ふなり。

rus04 (1).JPG
(トレチャコフ美術館のイコン・コレクション)

九月十四日(金)朝より快晴の空広がる。午前六時に起床、昨日の日記を整理して後朝餉に臨む。メニュー昨日と毫も異ならず。パンとミルクとソーセージの類なり、

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11



最近のコメント

アーカイブ