日本の美術

群魚図(鯛):若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak127.1.jpg

「群魚図(鯛)」は前出の「群魚図(蛸)」と一対をなすものである。明治五年の京都博覧会に陳列されたときのチラシには、一対のものとして「魚尽くし」と命名されていた。二点のうちのこちらは鯛をもっとも大きく描いているところから、便宜上「群魚図(鯛)」とした。若冲が命名したわけではない。

群魚図(蛸):若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak126.1.jpg

「群魚図(蛸)」は、海の中を泳ぐさまざまな生き物を描いている。蛸を中心に、その種類は十六通り。すべての生き物が左斜め下のほうへ向かって泳いでいる。このようにすべての対象を同じテーマで統一するところは、若冲の大きな特徴の一つだ。

老松白鳳図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak125.1.jpg

「老松白鳳図」は、松の木の枝に片足で止まり、大きく羽を広げた鳳凰を描いている。画面右上には旭日の一部がある点で、老松白鶏図と同じ構図だが、鶏のうちの一羽が旭日を見上げているのに対して、この鳳凰は旭日を見ていない。鳳凰の描き方は、尾羽の部分を除き、旭日鳳凰図のそれとほとんど同じである。ただ、こちらは全身が白いことが違っている。

貝甲図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak124.1.jpg

「貝甲図」は海辺近くの砂浜にいる貝の類を描いたもの。青く塗った曲線模様の部分が海水の流れをあらわしている。その波に洗われるかのように、さまざまな種類の貝や珊瑚の塊が描かれている。

池辺群虫図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak123.1.jpg

「池辺群虫図」は、水辺に実を成らした瓢箪とそれに群がる昆虫や小動物を描いたものである。描かれた生き物は六十種類もある。それらのひとつひとつを、丁寧に描き分けているのは、若冲らしいところだ。瓢箪の実も、虫に食われた後があったりして、なかなか手が込んだ描き方になっている。

牡丹小禽図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak122.1.jpg

「牡丹小禽図」は、「薔薇小禽図」と一対をなすものだろう。画面にびっしり隙間なく牡丹の花と葉が描かれ、そのほぼ中央に一対の小禽が描かれている。右側の小禽は、赤いの蕾の上に止まって、首を背後に曲げて上のほうを眺めている。左手の小禽は、牡丹の木らしいものに止まって、配偶者のほうを見つめているのであろう。

薔薇小禽図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak121.1.jpg

「薔薇小禽図」は、咲き広がった薔薇の花を背景に一羽の小禽を描いたものである。薔薇は三種類あり、それぞれ紅、うす紅、白の花弁を開いている。どの花も、上からの視線で描かれ、その形状はほとんど同じである。普通ならこうした描き方は稚拙さを感じさせるものだが、若冲の手にかかると、独特のリズム感を伴うようになる。

群鶏図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak120.1.jpg

鶏の画家若冲の代表作ともいえるこの絵は、文字どおり鶏だけを描いたものだ。鶏冠を頼りに数えてみると十三羽いるが、もしかしたら、他の鶏の陰に隠れているのが他にもいるかもしれない。そう思わせるほどこの絵は込み入った印象を与える。個々の鶏の頭部と胴体とがどうつながっているのか、一見してわからないところがある。

雪中錦鶏図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak119.1.jpg

「雪中錦鶏図」は、雪化粧をしたかやの木を背景にして一対の錦鶏鳥を描いたものである。錦鶏鳥はキジの仲間で鮮やかな色彩が特徴である。オスは一メートルもの大きさになる。この絵では、そのオスが全身を見せているのに対して、メスのほうは、オスの陰にかくれて上半身のみを覗かせている。

桃花小禽図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak118.1.jpg

「桃花小禽図」は、枝いっぱいに咲き広がった桃の花を背景に、五羽の小禽を描いたものだ。五羽のうち三羽は白鳩、二羽は青い羽と白い腹をした小鳥だ。二羽のうち一羽は、桃の枝に隠れて、頭しか見えない。一方鳩のほうは、三羽ともすっきりと見える。背景から白が浮き上がっているせいだ。

蓮池遊魚図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak117.1.jpg

「蓮池遊魚図」は、蓮池の水中を悠々と泳ぎまわる魚たちを描いたものである。魚はあわせて10尾おり、そのうち9尾は鮎、一尾はオイカワだと思われる。これらの魚がすべて横からの視点で描かれており、しかもほとんど同じ姿勢である。一群の対象をほとんど相似的に描くのは若冲の特徴の一つで、この絵ではそれが不自然さを感じさせない。

棕櫚雄鶏図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak116.1.jpg

「棕櫚雄鶏図」は、林立する棕櫚を背景に二羽の雄鶏を描いたものである。そのうち一羽は軍鶏で、もう一羽は白鶏だ。軍鶏の姿は、南天雄鶏のそれと、白鶏のほうは「向日葵雄鶏図」の雄鶏を反転させた姿と似ている。ただし、こちらのほうが後でつくられたせいか、描き方はいっそう洗練されている。

梅花群鶴図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak115.1.jpg

「梅花群鶴図」は、枝いっぱいに咲き広がった梅花を背景に、六羽の鶴を描いたものである。鶴が六羽いることは、脚の数からわかるので、頭を数えてもわからない。それらの鶴は一様に、小さな頭と長くて細い脚が特徴だ。頭にいたっては、背後の梅の花とほとんど同じ大きさだ。鶴の頭が小さすぎるのか、梅の花が大きすぎるのか、この画面からは判然としない。

南天雄鶏図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak114.1.jpg

「南天雄鶏図」は、たわわに実をつけた南天の木を背景に軍鶏を描いたものである。軍鶏は両脚を踏ん張り、頭を後ろに回して、何かを見つめている。おそらく南天の実であろう。南天の実は画面一面に無造作に描かれているようだが、軍鶏も視線とかかわりを持つことで、画面上の必然性を主張しているかのようである。

芦雁図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak113.1.jpg

「芦雁図」は、雪の降り積もった芦の生える沼地のようなところへ向かって、一羽の雁が急降下してゆくところを描いたものである。雁の姿は画面からはみ出すように大きく描かれており、実物よりもはるかに大きい。それ故、この絵を見た人は、雁の姿に異様な迫力を感じる。

老松鸚鵡図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak112.1.jpg

「老松鸚鵡図」は、松をバックにして一対の白い禽獣を描いた点では、「老松白鶏図」と対をなすものである。「老松白鶏図」では鶏たちの視線は真っ赤な旭日に収斂していくが、この絵では、白い鸚鵡たちの視線の先には緑色の鸚鵡がある。その鸚鵡の羽の一部に赤が塗られている以外には、この絵には赤い部分がない。それでいて寒々しさを感じさせないのは、背景や松の幹に多少の暖かさがあるためだろう。

老松白鶏図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak111.1.jpg

「老松白鶏図」は、枝葉を大きく広げた松をバックに、真っ白な鶏の雌雄一対を描いたものである。若冲は禽獣を白く描くのが好きだったようだが、これはその作例の初期のもの。鶏の躯体部分に、下地として金泥を引き、その上から胡粉を用いて丁寧に羽などの模様を施している。

芙蓉双鶏図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak110.1.jpg

「芙蓉双鶏図」は、咲き乱れる芙蓉の花をバックに、雌雄一対の鶏を描く。鶏がいるのは、土手のようなところか。そこには芙蓉のほかに、鉄線の花も咲いている。芙蓉といい鉄線といい、初夏を彩る花だ。

老松孔雀図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak109.1.jpg

「老松孔雀図」は、老松を背景にして、孔雀を画面いっぱいに描いている。同じようなテーマのものとして、「老松白鳳図」と対をなす。右下に居士若冲製とあり、製作の年月は記さない。

梅花皓月図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak108.1.jpg

「梅花皓月図」は、皓々と輝く満月を背景に、咲きほころぶ梅の花を描いたもの。梅の花を描いたものとしては、「梅花小禽図」と対になるものである。若冲には、ひとつのテーマを一対の絵にする傾向があった。

Previous 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15



最近のコメント

アーカイブ