日本の美術

十便十宜図:池大雅と与謝蕪村

| コメント(0)
池大雅と与謝蕪村は、徳川時代の文人画を代表する二代巨匠と呼ばれる。この二人はどちらも武士の出身ではなく、また生涯を通じて画風が変化したことなどを踏まえると、彼らを文人画家とするにはためらいがないわけではない。だが徳川時代中期を代表する画家には違いない。二人とも、大名や大寺院のお抱え画師ではなく、独立した職業画家として成功した日本最初の画家だったと言ってよい。そんなわけで、出自や経歴、画風などに共通点があり、互いに意識したであろうことが想像される。実際、彼らは同一のテーマで、絵の連作を試みている。「十便十宜図」と呼ばれる、一冊の画帖の製作がそれだ。

鷲図:若冲プライス・コレクション

| コメント(0)
price14.1.jpg

「鷲図」は、海に突き出た岩の上にとまっている鷲を描いたもの。肩をいからせた鷲の表情は精悍そもののであり、鶏や小禽類とはまた異なった趣を感じさせる。白黒の明暗対比がはっきりしていることも、この絵の峻厳なイメージを強めているようである。

price13.1.jpg

伏見人形とは、京都伏見稲荷大社付近の土を焼いて作った焼き物の人形。下地に胡粉を塗って白くし、その上から泥絵の具で模様を描くのが特徴である。この絵は、七人の布袋の人形が縦に並んだところを描いたもの。これを横に並べた絵も残っている。

松鷹図:若冲プライス・コレクション

| コメント(0)
price12.1.jpg

「松鷹図」は、松の枝に止まった一羽の鷹を描いたもの。鷹は、背景の部分を墨で薄く塗ることで、白く浮かび上がらせるようにしている。一方、羽や腹の部分は、細い線や点でアクセントをつけており、若冲のほかの動物たちとは、かなり違った印象を与える。

鯉魚図:若冲プライス・コレクション

| コメント(0)
price11.1.jpg

「鯉魚図」は、水面から出て飛び跳ねる鯉を描いたもの。全身ではなく半身なのは、鯉の動きの躍動感を強調するためと思われる。鯉は頭を上に持ち上げ、前鰭を前方に伸ばして、大きく跳躍しようとしている。鯉の下の水面は、鯉の動きによって波しぶきを立てている。そうした躍動感が如実に伝わってくる。

price10.1.jpg

「芭蕉雄鶏図」は、芭蕉を背景にして雄鶏を描いたもの。筋目描きといって、面と面の間を白抜きすることで、線の部分を筋目のように浮かび上がらせる手法を用いている。岩絵の具ならば胡粉で白い筋をつけるのが可能だが、水墨画ではそういかないので、白抜きの技法が有効なわけである。

price09.1.jpg

図屏風は多くの場合、六つの面(扇という)で一組のものを、二組作って一対とする。それを六曲一双と称した。しかして向かって右側を右隻、左側を左隻といった。この絵は、「鳥獣花木図屏風」の左隻である。

price08.1.jpg

プライス・コレクションにとどまらず若冲の画業全体の中でももっとも光るのがこの「鳥獣花木図屏風」一対だ。この図屏風を若冲は、桝目描きという特殊な技法で描いた。桝目描きというのは、画面を一センチ四方の枡に区分けし、その一つ一つを絵の具で塗っていくというものである。織物の図案である正絵の技法を取り入れたとも、朝鮮半島の紙織絵の影響だとも言われている。詳しいことはわかっていないようだ。

群鶴図:若冲プライス・コレクション

| コメント(0)
price07.1.jpg

「群鶴図」は、七羽の鶴が重なりあって立っている様子を描いたものである。かなりもつれあっているので、頭と胴体や脚との関連がよくわからないところがある。頭を数えるとかしかに七羽分あるのだが、見えている脚は九本しかない。五本あるはずの残りの脚は、持ち上げられて隠れているのだろうか。

price06.1.jpg

「竹梅双鶴図」は、二本の竹と花をつけた梅を背景に二羽の鶴を描いたものである。鶴は頭頂が赤いところから丹頂鶴とわかる。丹頂鶴は雌雄同系同色なので、どちらがオスでどちらがメスか、この絵からはわからない。おそらく首を下に向けているほうがオスで、その背後から首を伸ばしているのがメスではあるまいか。

price05.1.jpg

「雪芦鴛鴦図」は、動植綵絵の「雪中鴛鴦図」とよく似ている。背景に雪のまとわりついた植物(片方は柳の枝、こちらは芦)を配し、メーンテーマには一対の鴛鴦を描いている。しかも鴛鴦は、相互の位置関係を除いては、両図とも殆ど同じ形をしている。

price04.1.jpg

「紫陽花双鶏図」は、動植綵絵の「紫陽花双鶏図」と構図がよく似ており、雄鶏は羽の色が異なるほかは全く同じ形をしている。雌鳥のほうは、違う形で描いており、この絵のなかのものは、雄鶏のほうへ向かって後ろ向きに顔を曲げている。また、雄鶏の鶏冠は、動植綵絵においては赤く塗りつぶされておるのに対して、こちらのは、小さな点で埋め尽くされている。

price03.1.jpg

「旭日雄鶏図」は、真紅の旭日に向かって、松の枝の上に止まった雄鶏が見上げているところを描く。構図としては単純だが、雄鶏の描き方は、毛の一本にいたるまで、実に丁寧だ。こうした鶏の描き方は、動植綵絵における初期の鶏の描き方に通じるところがある。

葡萄図:若冲プライス・コレクション

| コメント(0)
price02.1.jpg

若冲は、葡萄をテーマにした絵を、障壁画を含めて何点か描いている。葡萄は繁殖力が旺盛なことから、縁起がよいとされ、襖絵や掛軸には相応しいとされたようである。この絵も、そんな葡萄のおめでたいイメージを表したものだろう。

虎図:若冲プライス・コレクション

| コメント(0)
price01.1.jpg

「虎図」は、署名と並んで「宝暦五年乙亥首夏」との記載があることから、家業を弟に譲って画業に専念し始めた年の作である。また「我画物象非真不図、国無猛虎倣毛益摸」とあることから、南宋の画家毛益の作を模倣したと若冲本人は主張しているのがわかるが、実際に若冲が模倣した原画は、正伝寺所蔵の李公麟筆「猛虎図」であるとされる。

紅葉小禽図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak130.1.jpg

紅く色づいたかえでのもみじを背景に、一対の小禽を描く。植物のほうが前景に出ていることは、菊花流水図と同じだ。面白いのは、モミジの葉の一枚一枚が、濃淡の差をともないながらも、ほぼ同じ形に描かれていることだ。かえでの三本の枝も、大きさの違いはありながらも、全く同じ方向をむいている。そんなわけで、この絵には反復があふれていると言ってもよい。

菊花流水図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak129.1.jpg

「菊花流水図」は、流水を背景にして咲き誇る菊の花を描いている。白やピンク、紅の菊の花が、空中を漂っているような感じで描かれ、菊の花弁の合間や岩の上に数羽の小鳥が遊んでいる。このように、植物を大きく描き、禽獣を添え物のように描くのは、動植綵絵シリーズの最終局面に近い頃の作風と言えよう。

芦鵞図:若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak128.1.jpg

「芦鵞図」は、水辺の芦を背景にして一羽の白い鵞鳥を描いたものである。この作品の著しい特徴は、背景をほとんど墨で描いていることだ。水墨と絵の具で描くと言うのは、中国絵画の伝統を取り入れたのであろう。

群魚図(鯛):若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak127.1.jpg

「群魚図(鯛)」は前出の「群魚図(蛸)」と一対をなすものである。明治五年の京都博覧会に陳列されたときのチラシには、一対のものとして「魚尽くし」と命名されていた。二点のうちのこちらは鯛をもっとも大きく描いているところから、便宜上「群魚図(鯛)」とした。若冲が命名したわけではない。

群魚図(蛸):若冲動植綵絵

| コメント(0)
jak126.1.jpg

「群魚図(蛸)」は、海の中を泳ぐさまざまな生き物を描いている。蛸を中心に、その種類は十六通り。すべての生き物が左斜め下のほうへ向かって泳いでいる。このようにすべての対象を同じテーマで統一するところは、若冲の大きな特徴の一つだ。

Previous 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15



最近のコメント

アーカイブ