旅とグルメ

舞鶴・宮津:若狭・三丹の旅その一

| コメント(0)
141201.wakasa101.jpg

例のあひるの仲間とは、昨年の秋に木曽路を旅したところだが、今年の秋は若狭・三丹地方の紅葉を見る旅をしようということになった。三丹というのは、京都の後背地である丹波、丹後、但馬三国の総称である。若狭から丹後に入って宮津に一泊し、二日目は経が岬・天の橋立・出石の城下町を見物して城崎温泉に一泊し、三日目は天空の城として名高い竹田城に登ったあと、丹波篠山、京都嵐山の紅葉を見物して回るというツアー旅行に便乗した次第だ。今回は、ミーさんあひるが数年ぶりに参加したほか、おおさんあひる、しずちゃんあひる、あんちゃんあひる、よこちゃんあひる、いまちゃんあひる、それとえかきあひること小生の、合せて七羽が参加した。

陸奥小紀行六:三陸海岸

| コメント(0)
141005.T06.jpg

九月廿二日(月)晴。六時に起床して入浴すること毎日の如し。風呂場の脱衣場で体重を図るに、通常より一キロ以上も増加している。美食してかつ動かざるがためであろう。朝食を済ませ、七時四十分にホテルを出発。三陸鉄道の始発駅久慈を目指して進む。途中小川原湖をバスの窓より見る。この湖は周囲六十六キロメートルあり、十和田湖よりも大きいという。

陸奥小紀行五:大間、恐山

| コメント(0)
141003.T05.jpg

昼食後、バスは海岸線を北へと走り、大間岬というところに至った。大間マグロで有名な港のあるところだ。また本州最北端という点も売り物にしている。その最北端の所で、温暖な海の生き物であるマグロが獲れるというから面白い。ここで獲れたマグロは、築地の毎年の初競りで日本一高い値段で売れる。一時はその競り値が一億円を超えたこともあった。それを落したのは、やはり築地を本拠にしている鮨屋だったが、毎年のように最高価格で落しているとあって、一躍有名になった。そのおかげもあって、この鮨屋は大繁盛しているということだ。筆者も何回か入ったことがある。

陸奥小紀行四:陸奥湾、仏が浦

| コメント(0)
141002.T04.jpg

九月廿一日(日)晴。六時に起床。入浴後朝餉をなすこと昨日の如し。バスは八時にホテル前を出発し、九時頃陸奥湾に面する蟹田という港に到着する。ここからフェリーに乗って、下北半島に向かうわけである。船のデッキからは四方に広大なる海原を見渡せる。しかして前方にはこれから向かっていく先の下北半島が見え、左手には北海道のスカイラインが見え、右手には青森の市街がかすかに見える。後ろを振り返れば、船の通ってきた波の軌跡の先に、津軽半島の遠のいて行く様子が見える。

陸奥小紀行三:竜飛岬

| コメント(0)
141001.T03.jpg

午後、不老不死温泉を出たバスは間もなくして十三湖に到着した。十二湖が十二の湖からなっているのに対して、これは十三の川が流れこんでいることからこう名付けられたそうである。周囲25キロメートル、水深1~3メートルで、白鳥の飛来地として知られるとともに、しじみの産地としても有名なところである。

陸奥小紀行二:不老不死温泉

| コメント(0)
140905.T02.jpg

九月二十日(土)晴。六時起床。一浴して後朝餉を喫し九時に出発する。バスは大潟の田圃地帯を横切り十時半ごろ五能線の能代駅に到着した。ここから電車に乗って日本海の景色を眺めながら十二湖まで行こうというわけである。筆者は十年余り前に白神山地を訪ねたことがあるが、その折には秋田から直通の特別列車に乗って十二湖まで行ったものだった。今回はローカル線の車両でのんびり行くわけである。

陸奥小紀行一:男鹿半島

| コメント(0)
140904.T01.jpg

東北地方北部にある男鹿、津軽、下北の各半島巡りの旅をしないかとYから電話がかかってきたのは八月の中ごろのことだった。九月の下旬に、Iも含め三人で、旅行会社のツアーに便乗して行こうという内容だった。その頃なら、他に日程も詰まっていなかったし、また下北半島にはいづれ行ってみたいと思っていたので、話に乗ることにした。そんなわけで、九月の十九日から二十二日にかけて、三泊四日のバスツアーに加わった次第だ。その折の見聞を、日記風にまとめて紹介したいと思う。題して「陸奥小紀行」とした。

平泉を歩く:陸前小紀行その五

| コメント(0)
140805.tohoku05.jpg

八月九日(土)陰。七時過ぎに起床。朝食を済ませし後、磊々峡を散策す。名取川中流の渓谷なり。水岩にあたってしぶきをあげ、またいくつもの沢滝となって本流に落ちるさま、すこぶる雄勁なり。

秋保温泉に浸かる:陸前小紀行その四

| コメント(0)
140804.tohoku04.jpg

午後一時過、大崎八幡宮に至る。参拝前に腹ごしらへをなさんとてあたりを見回せどそれらしき店を見ず。以前来りし時には、参道には露店櫛比し大ひに賑はひたるやうに記憶せしが、この日は露店どころか人の姿も数ふるほどなり。前回はおそらくなにやらの祭の最中なりしなるべし。

仙台を巡る:陸前小紀行その三

| コメント(0)
140803.tohoku03.jpg

八月八日(金)陰。七時起床、八時に朝食。これもまた質量ともに十分なり。食後ロビーにて新聞を読み、九時近く旅館を辞す。仙石線は結構混みあひてあり。仙台駅につくや、荷物をコインロッカーに預け、市内循環バスに乗らんとして乗り場を探したれど、なかなか見つけることを得ず。ここのバス乗場のインフォメーションは極めて不親切なり。駅にて偶然出会ひし地元の人に尋ね、やうやくその場所に至ることを得たり。

140802.tohoku02.jpg

塩釜マリンゲート観光桟橋十四時発の観光船芭蕉号に乗る。乗務員の説明に、この船はかの芭蕉翁が奥の細道の道中、塩釜より松島に船で向かふ道筋をそのままたどるなりといふ。果たして船は、塩釜港の桟橋を出航するや、塩釜湾を東へと進み、やがて湾を出でたるところにて進路を北に変へ、松島海岸の桟橋に向かひたり。途中,馬放島、仁王島、小町島、毘沙門島などの名所を巡りたり。しかして五十分ほどして松島に至りぬ。

仙台の七夕を見る:陸前小紀行その一

| コメント(0)
140801.tohoku0101.jpg

東北の三大祭なるものを見物せばやとかねてより思ひをりしところ、今年は是非にもと思ひ立ち、旅館の手配なんどに取り掛かりしが、混雑甚だしと見え、なかなかうまくはかどらず、されば仙台の七夕祭ばかりにても見物せんとて、旅館の手配をすませしはこの春のことなりき。仙台のみならば、旅館もとりやすしとなり。しかして仙台に行く序に、松島や平泉にも脚を伸ばし、又温泉にも浸からんと色々計画を練り、用意万端のうへ八月七日の朝をむかへたり。

京都古寺巡り(その十)宇治平等院

| コメント(0)
150629.k1001.jpg
(平等院鳳凰堂)

一時頃南門より平等院の境内に入る。平等院の建物は平成の大修理といはるる修理を経てこの春落慶したるばかりといふ。二年半ぶりの開帳とあって見物客も多しとみえ、見物するに時間交代制を採用してあり。余は一時三十分の組の切符を手渡されたり。

150627.k0901.jpg
(醍醐寺金堂)

六月五日(木)陰。ホテル内の食堂にて朝餉をなし、駅内の売店にて新聞を買ひ求むること毎日の如し。九時過ぎにチェックアウトを済ませ、荷物をホテル内のロッカーに預けてのち、京都駅よりJR線に乗り、山科にて地下鉄に乗り換へ、醍醐駅に至る。そこより醍醐寺までは歩みて十分ほどの道のりなり。

京都古寺巡り(その八)西芳寺(苔寺)

| コメント(0)
150625.k0801.jpg
(西芳寺の苔)

余が苔寺を訪ひしは高校生時代の修学旅行の折にて、その折には、同級の生徒らと隊列を組んで苔むしたる道を歩みたるものなり。当時の苔寺は、拝観に制限を設けず、誰にても遠慮なく立ち入ることをえしが、その後数に制限を設け、しかも事前予約を要することとなす。余も一ヶ月以上前にはがきにて申し込み手続きをなしおきたるなり。

京都古寺巡り(その七)広隆寺・嵐山

| コメント(0)
150623.k0701.jpg
(広隆寺山門)

六月四日(水)ホテル内にて朝餉をすませしのち、駅の売店に新聞を買ひにいくこと昨日の如し。九時過ホテルを辞し、駅前より苔寺ゆきのバスに乗る。この日は苔寺と広隆寺を訪ふつもりなり。

京都古寺巡り(その六)三井寺、石山寺

| コメント(0)
150621.k0601.jpg
(三井寺金堂)

食後京阪電鉄の列車に乗り三井寺駅に至る。三井寺はそこより歩みて十分ばかりのところにあり。この寺なぜ三井寺と呼ばるるに至りしか、それいはれあり。天智、天武、持統三代の天皇の産湯に用ひられし霊泉この寺の敷地内より湧出すといふ、それによりて御井の寺すなわち三井寺とは呼ばるるやうになりたると縁起にいへり。

京都古寺巡り(その五)比叡山延暦寺

| コメント(0)
150615.k0501.jpg
(比叡山延暦寺根本中堂)

六月三日(火)晴、暑気やややはらぐ。ホテルの食堂にて朝餉をすませ、駅構内の売店にて新聞を買ひ求む。駅に接続するホテルはなにかと便利なり。しかして九時二十五分京都駅発のJRバスに乗り、比叡山に直行す。比叡山は電車の乗継不便なれど、日に一便しかなきこのバスを利用すれば、一時間余にて至ることを得るなり。

150611.k0401.jpg
(仁和寺御室の庭園)

食後再びバスに乗りて仁和寺に至る。山門は巨大な仁王門なり。門をくぐりてすぐ左側に御室あり。平安時代初期に宇多天皇が住坊となされしところにて、それよりお室と呼ばれるやうになりしといふ。以来門跡寺院として高き格式を誇れる由なり。その御室の一角はいまなほよく保存せられ、皇居より移築したるといふ建物を中心にして、手入れのよく行き届いたる庭園を眺めること得たり。この庭園なかなかの見ものといふべし。往年謡曲の仲間とともにこの寺を訪ねし折、どういふわけか御室の中に立ち入ることをせざりき。仁和寺の価値はこの一角におふところ大なれば、うかつなりしといふべし。

京都古寺巡り(その三)神護寺、高山寺

| コメント(0)
150608.k0301.jpg
(神護寺山門)

六月二日(月)この日も晴れて炎暑なり。七時に起床し、ホテル内にて朝餉をなしてのち、京都駅九時発のJRバスに乗り、五十分ほどして山城高尾なるところに下車す。下りの山道を歩き、渓流にかかれる橋を渡ると次は峻厳なる上り坂なり。上下の坂道を併せ十五分ほど歩みて神護寺に至る。山門をくぐれば、さまざまな伽藍山中に雑然と配置せられてあり。

Previous 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11



最近のコメント

アーカイブ