映画を語る

spiel07.lincoln3.JPG

スティーヴン・スピルバーグの2012年の映画「リンカーン」は、南北戦争と奴隷解放へのリンカーンのかかわりをテーマにしたものである。リンカーンといえば、アメリカ史上もっとも人気のある大統領ということもあって、非常に多くの映画が、さまざまな角度から作られたわけだが、この映画は、奴隷解放についての彼のかかわりに焦点を当て、それとの関連で南北戦争を描き、また彼の家族との触れ合いを通じて人間としてのリンカーンをも描くというものだ。

spiel06.ryan3.JPG

スピルバーグといえば、SFとかホラー映画とか冒険サスペンス映画とか、とかくファンタジックな映画を作り続けた人だが、その人が「シンドラーのリスト」を作ったときは、一転してシリアスなその内容に世界中の人が驚いた。「プライベート・ライアン(Saving Private Ryan)」は、そのシリアスの路線を受け継ぐものだ。

spiel05.jura2.JPG

スティーヴン・スピルバーグの映画「ジュラシック・パーク(Jurassic Park)」は、現代の地球によみがえった恐竜が人間を襲うという恐怖を描いた作品である。ホラー映画である点では「ジョーズ」の系列に入り、異世界の生きものと人間との関わりを描くと言う点では「E.T.」と同じ系列に入る。同じ異世界の生きものでも、地球外の生きものとは共存していたのに対して、過去の遺物とは言え、同じ地球の生きものとは共存できないというのは、スピルバーグなりの批判意識のあらわれかもしれない。

spiel04.indi1.JPG

スピルバーグの映画「インディ・ジョーンズ」シリーズは、考古学者インディ・ジョーンズの奇想天外な冒険を描くシリーズで、四作が公開された。そのうち「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」は第二作目にあたる。各作品の間には、主人公がインディ・ジョーンズであるということ以外に、共通点はない。その点は007シリーズとよく似ているが、荒唐無稽さではそれ以上だといってよい。

E.T. スティーヴン・スピルバーグ

| コメント(0)
spiel03.et.jpg

E.T.は、地球の子供と宇宙人との交流をテーマにした作品である。スピルバーグは前作の「未知との遭遇」で、UFO で地球を訪れた宇宙人と、それを迎える地球人との出会いを描いていたが、それはほんの挿話程度の扱いで、宇宙人そのものについて多くを語ることはなかった。この「E.T.」では、その宇宙人に焦点を当てて、宇宙人のなんたるものかについて、また彼らと我々地球人との交流の可能性について、存分に考えさせる映画になっている。

spiel02.encounter.jpg

1977年公開のアメリカ映画「未知との遭遇(Close Encounters of the Third Kind)」は、UFOをテーマにしたSFファンタジー映画である。地球のあちこちに出没するUFOに、人類が接近を試み、ついに両者が遭遇して意思疎通に成功するプロセスを描いている。ふつうこの種の物語は、とかく宇宙人と地球との戦いという様相を帯びがちだが、この映画にはそういう要素はない。UFOの宇宙人は地球人に対して友好的であるし、地球人のほうでもUFOを友人として受け入れる。そこがスティーヴン・スピルバーグらしいところと言えよう。

spiel01.j1.JPG

1975年のアメリカ映画「ジョーズ(Jaws)」は、スティーヴン・スピルバーグの出世作だ。スピルバーグはこの映画によって一躍名声を獲得しただけではなく、ホラー映画の歴史に一ページを書き加えた。この映画は、ホラー映画を一段と深化させたのである。

崖の上のポニョ:宮崎駿

| コメント(0)
miya08.ponyo.jpg

宮崎駿の2008年公開のアニメ映画「崖の上のポニョ」は、人間の少年と人魚の少女とのふれあいを、暖かいタッチで描いたものである。冒険の途上危険な目に遭った人魚の少女が少年に助けられ、人魚として少年に大事にされているうちに、少年への気持ちが実って人間の姿に変わり、最後には人間の子として少年の家族に迎えられるという筋書きだ。

ハウルの動く城:宮崎駿

| コメント(1)
miya07.howl.jpg

「ハウルの動く城」は、普通の人間の少女が魔法の世界に紛れ込んで、魔法使いたちの争いに巻き込まれるさまを描いている。人間の少女が異界に紛れ込み、そこで冒険をするというテーマは、前作の「千と千尋の神隠し」と似ている。「千」のほうは、両親と一緒に神隠しにあって異界に紛れ込むわけだが、その点では日本の伝説の世界を踏まえているわけだが、こちらは主人公の少女ソフィーが、ふとしたことから一人の青年と出会い、それがきっかけとなって、異界へとワープする。このワープという現象は、現実世界から異界への移動についての、これは西洋的な伝説の装置といってよい。

千と千尋の神隠し:宮崎駿

| コメント(0)
miya06.sen.jpg

「千と千尋の神隠し」は、神隠しにあった少女の異界での冒険を描いたものだ。宮崎は前作の「もののけ姫」で、動物の怨霊がこの世界で跋扈するさまを描いたわけだが、ここではこの世界から異界へとワープした少女が、そこで本物のもののけたちと出会うさまを描いている。そのワープのきかっけとなるのが、日本古来の伝説を彩る神隠しというわけだ。

もののけ姫:宮崎駿

| コメント(0)
miya05.mononoke.jpg

もののけと言うと、昔話に出てくる妖怪のことが想起されるが、この映画のなかでもののけ姫とよばれているのは、妖怪ではなく山犬に育てられた人間の娘のことである。そのもののけ姫が人間を敵として戦う。その戦いに一人の少年が巻き込まれて、もののけ姫と人間との板挟みになる。そんな話を、この映画は描いている。

となりのトトロ:宮崎駿

| コメント(0)
miya04.totoro.jpg

宮崎駿の初期の劇場用アニメ映画は、人間同士が愚かな戦いをするところをテーマにしていたが、四作目の「となりのトトロ」に至ってはじめて、戦いとは縁のない牧歌的な人間関係(人間・怪物関係を含めて)を描いた。宮崎作品にはもともとこうした牧歌的な要素が強かったのだが、そしてテレビ用のアニメ作品には牧歌的な作品が多かったのだが、劇場上の作品では、そうした要素はあまり受けないと考えて好戦的な雰囲気の作品を作り続けていたのだと思う。だからこの「となりのトトロ」は、宮崎にとっては冒険だったにちがいなく、それでもこれを作り出したのは、一定の自信の現れだったように思う。

天空の城ラピュタ:宮崎駿

| コメント(0)
miya03.laputa.jpg

1986年公開のアニメ映画「天空の城ラピュタ」は、スタジオ・ジブリとしての最初の劇場映画である。題名のラピュタからは、スウィフトの小説「ガリヴァー旅行記」の一章が想起されるが、名称を借りただけで、内容的には何のつながりもない。筋書きは、宮崎駿の純粋のオリジナルである。

風の谷のナウシカ:宮崎駿

| コメント(0)
miya02.nausica.jpg

「風の谷のナウシカ」は、宮崎駿の劇場用アニメ映画の第二作で、1984年に公開された。この公開に前後して、原作となる漫画が1982年以来雑誌に連載されているが、原作とアニメ映画にはいくらかの相違があるという。原作は10年以上にわたって連載されており、かなり遠大なストーリーになっているようだが、映画のほうはストーリーをコンパクトにまとめて、その分わかりやすく、またメッセージ性の強い作品になっている。

ルパン三世カリオストロの城:宮崎駿

| コメント(0)
miya01.jpg

「ルパン三世」は、漫画とテレビで大きな流行を起こした作品で、筆者も昔テレビでよく見たことがある。いまだに放映されているというから、その人気の息の長さがわかる。宮崎駿は、この作品のテレビ制作の初期に携わったほか、劇場用映画も手がけた。「ルパン三世カリオストロの城」がそれで、この作品は宮崎にとって最初の劇場用映画となった。

china06.hudong.jpg

ハスチョローは、中国の映画監督だが、名前からして漢民族の出身ではない。モンゴル系らしい。その人が、中国人のもっとも中国人らしい生活ぶりを描いたのが「胡同の理髪師」だ。この映画は2006年に公開されたが、映画の舞台となったのは、2008年北京オリンピックを目前に控え、急速に再開発が進む北京の町だ。北京の町と言えば、胡同と呼ばれる中国風の長屋での暮らしが知られているが、この映画はその胡同を舞台にしている。

china05.anoko.jpg

張芸謀の1999年公開の映画「あの子を探して(一個都不能少)」は、現代中国の農村部での学校教育の現状をテーマにしたものだ。時代設定は明示されていないが、同時代の中国と考えてよい。1999年の中国と言えば、わずか20年にもならない最近のことだが、ここ数年間の中国の爆発的な経済成長からすれば、かなりな過去のように見える。この間都市部は発展の恩恵を受けつつあったようだが、農村部は半世紀前と変わらない状況だったのではないか。この映画を見ると、はるか昔の貧しい時代の中国を見せられているような気になる。

china04.rouge.jpg

張芸謀の1995年の映画「上海ルージュ(揺啊揺, 揺到外婆橋)」は、中国のやくざ社会を子どもの視点から描いたものだ。映画の中では、時代区分は明示されていないが、原作小説(門規)では1930年代と設定されている。その時代なら、中国でもやくざ社会がまだ活発に動いていたのだと思う。まして舞台となった上海は、中国のやくざたちが大規模な闇社会を形成していたのだろう。

活きる(活着):張芸謀

| コメント(0)
china03.ikiru2.jpg

張芸謀の1994年の映画「活きる(活着)」は、中国現代史を庶民の目線から描いた作品だ。1940年代から70年代ころまでの、中国の民衆の生活を描いている。この時代は、対日戦争に始まり、国共内戦と共産党の勝利、60年代の文化大革命がそれぞれ歴史上の節目になっている。このうち対日戦争は全く触れられず、国共内戦も微視的に描かれ、文化大革命は否定的に描かれている。といっても、共産党政治への強い批判は見られない。50年代の大躍進時代は、共産党の政策のおかげで庶民が明日に希望を持てるようになったと主人公たちに言わせているし、文化大革命は、共産党の蛮行というより、避けがたい災厄のように描かれている。

紅夢(大紅灯篭高高掛):張芸謀

| コメント(0)
china02.hongmu.jpg

張芸謀は、中国映画第五世代の旗手として、中国映画を世界的なレベルに引き上げた功労者と言われる。「紅夢(原題"大紅灯篭高高掛")」は、1991年に公開され、彼の初期の代表作である。とはいっても、伝統的な意味の映画とはだいぶ異なっている。普通の映画らしい映画ではない。中国風バレエをスクリーン向けに編集しなおしたようなものだ。見ていても、バレエの舞台をそのままカメラに収めたといった体裁だ。バレエだから、音楽と踊りだけで、台詞はない。台詞がないから、物語性が希薄だ。観客は中国風にアレンジされたバレエ音楽に乗って繰り出される踊りの演技を披露されるわけである。

Previous 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11



最近のコメント

アーカイブ