世界情勢を読む

アル・シーシはエジプトの明智光秀?

| コメント(0)
140405.sisi.jpg

明智光秀といえば、日本の歴史上さえない男の代名詞になっているが、平成になってもなお亡霊が彷徨しているらしいところから、日本の負の宿命かと思ったら、同じような男がどうやらエジプトにもいるらしい。今や破竹の勢いで、権力を簒奪しようとしているアル・シーシ将軍のことだ。

140404.sisi.jpg

エジプトでは、5月の大統領選挙に向けて、アル・シーシ将軍が軍服を脱いで立候補を表明したことで、事実上新たな大統領が決まったと言える。というのも、いまのところ、ムスリム同胞団は先の憲法制定時と同じようなボイコット戦略をとるといっており、したがって有力な対立候補がいないばかりか、誰もアル・シーシに対抗しようなどとは考えていないからだ。こんななかで、疑問があるのは、アル・シーシはなぜ、一挙に権力を奪取しないで、時間をかけてゆっくりしていたのか、ということだ。

北朝鮮の男はみな金正恩カットにせよ

| コメント(0)
140320.kim-jong.jpg

北朝鮮の独裁者金正恩といえば、大胆に刈り上げた独特のヘアスタイルがトレードマークになっているが、北朝鮮ではこのヘアスタイル(金正恩カット)を、北朝鮮人の男すべてが採用するように強制し始めた、という噂が流れている。噂の出所は、韓国の英字紙 Korea Times だ。

台湾の議会占拠騒ぎ

| コメント(0)
台湾では、3月18日から学生たちによる議会(立法院)の占拠騒動が続いており、24日には議会のみならず政府(行政院)まで占拠し、治安部隊が出動する騒ぎにまで発展したという。台湾のような、いわば安定した民主主義国家で、なぜこんな騒ぎが起きているのか。

プーチンの地政学的決断

| コメント(0)
今回のプーチンによるクリミア半島併合は、欧米諸国には国際法への深刻な挑戦として映った。欧米の主要諸国では、プーチンの内政面における抑圧的な態度を批判してソチ・オリンピックをサボタージュした経緯があるが、今回はサボタージュくらいで済ますわけにはいかないだろう。なにしろ、世界の秩序を定めている国際法を踏みにじったわけだ。しかも、他国を侵略するという最悪の方法によってである。

ウクライナに核が残っていたら?

| コメント(0)
今回のプーチンによるクリミア併合の動きを、ウクライナも欧米も有効に阻止することが出来なかった。そこで、プーチンの力ずくの政策の前に、国際法は無力だった、という議論も巻き起こっている。というのも、ウクライナは過去に、保有していた大量の核兵器を放棄する見返りとして、将来にわたる国家の安全の保障を、英米及びロシアの指導者から保障されていたにかかわらず、こんな事態に立ち至ってしまった。ウクライナの安全を守るのが国際法の役割に関わらず、それが守られなかったのは、ロシアは無論、英米にも責任がある、というわけである。

プーチンのロシアに及び腰な欧米

| コメント(0)
クリミア併合に向けたプーチンの動きに対して、EUとオバマのアメリカが強力な対抗措置をちらつかせて牽制してきたが、その対抗措置というのが、じつに中途半端なものだというので、一騒ぎ持ち上がることを期待していた連中をがっかりさせている。というのも、オバマやEUが持ち出したのは、けち臭い経済制裁措置で、プーチンにとっては大したダメージにもならないからだ。プーチンのロシアが本気で恐れていたのは、軍事的な対抗措置であり、もしそうなった場合に、ロシアに勝目があるかどうか自信がなかったはずだ。プーチンの側近が最近、ロシアにはアメリカを死の灰の山にする能力があるといって恐喝していたのも、自信がないことの裏返しだったのだと思われる。

ロシアへの帰属の是非を問うクリミアの住民投票が行われ、ロシアへの帰属が圧倒的に支持された事態を受けて、プーチンのクリミア併合の野心も、いよいよクライマックスを迎えた。いまのところ、欧米によるリアクションが軍事的な衝突に発展する見込みは薄いので、プーチンのロシアは、これを既成事実として、クリミア併合に向かって着実に進むだろうと見られる。

140317.syria.jpg

三年間にわたるシリアの内戦にともなって、これまでに死亡した人の数は146000人以上に上ると、イギリスにベースを置くシリア反政府組織シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)が発表した。そのうち半分は一般市民であり、その中には約8000人の子供が含まれている。

ウクライナ危機:プーチンの野望

| コメント(0)
ここ数日、友人たちと京都へ旅行してすっかり浮世を忘れている間に、世の中では大変な事態が持ち上がっていた。ウクライナ危機の深刻化である。ウクライナの騒乱については、このブログでも取り上げたところだが、騒乱の結果反ロシア色の強い政権が出来上がると、プーチンのロシアが早速反応し、ロシア人住民の安全を確保するという名目でクリミアへの軍事進攻を強行したのだ。これにたいして、欧米諸国が厳しく反応し、事態は大規模な衝突に向かって、一触即発の状態に陥っているというわけだ。

ウクライナのネオナチ

| コメント(0)
今回のウクライナの政変においては、様々な反政府勢力がゆるやかな連合を形成したと言われているが、その中のもっとも活発で攻撃的な勢力に「スヴァボーダ(自由)」という極右団体がある。世界ユダヤ人会議によって「ネオナチ」と認定されている団体だ。実際この団体は、「反ユダヤ、ファシズム」を標榜すると言われているが、日本は無論、国際的にもほとんど報道されてこなかった。

北朝鮮の夜は真っ暗

| コメント(0)
140209.korea.jpg

写真はNASAが公開した映像。国際宇宙ステーションから見た朝鮮半島の夜景だ。中国や韓国が光に覆われているのに対して、北朝鮮は海岸線との境界も識別できないほど、暗く映っている。唯一明るいのは平壌だが、これも韓国の地方都市程度の明るさに過ぎない。

ウクライナのヤヌコーヴィチ政権が、おどろくほどあっけなく崩壊した。キエフなどでの反政府運動が激化し、百名近い死者を出すに至り、警察部隊が政権のいうことを聞かなくなり、それに伴って政権幹部が相次いで離反する事態が生まれ、ヤヌコーヴィチが孤立に追い込まれたことが原因らしい。ヤヌコーヴィチと少数の腹心は、飛行機で国内脱出を図って成功しなかったともいわれ、現在行方不明中だとされている。ともあれ、彼が大統領職に復帰することは、現実的ではなくなった。

ウクライナの騒乱

| コメント(0)
ウクライナで二か月前に始まったデモ騒ぎがだんだんエスカレートして、ついには死者を出す騒ぎにまで発展している。このデモ騒ぎは、ヤヌコーヴィチ大統領がEUとの自由貿易交渉を取りやめて、ロシアとの関係強化に舵を切り替えたことに、西欧派の市民が反発して始まったわけだが、最近は、ヤヌコーヴィチ政権がデモを弾圧できる法律を制定したりして、露骨な強圧姿勢を見せてきたことで、一層反対派を煽り立てたということらしい。

プーチンのゲイ嫌い

| コメント(0)
140115.Vladimir-Putin.jpg

写真(Guardian から)は、ソチのオリンピック会場を視察中のプーチンと彼を囲む大会ボランティアの人々。ボランティアの女性たちが来ているユニフォームに注目してほしい。これはレインボーカラーといって、ゲイのシンボルカラーとなっているものだ。これをボランティアたちに着せることで、ソチ・オリンピックへの世界のゲイ社会の反発を和らげようというわけだろう。こんな派手なものを着せられたボランティアたちは、最初はとまどったが、その趣旨をプーチンから聞かされて納得したそうだ。

タイとエジプト:支配層の反乱

| コメント(0)
タイの情勢をみていると、エジプトとの類似に気づかされる。どちらも、選挙で民主的に選ばれた政府を転覆し、それ以前の体制へと逆戻りすることを意図している。エジプトの場合には軍による秩序の安定、タイの場合には選挙とは無縁の、支配者によって任命された人々が上院議員を選ぶというやり方への復帰だ。どちらの国でも、こうした反動的な政策を追求しているのは、上層階級や中層の比較的豊かな人々だ。彼らが民主主義よりも、自分たちの階級的な利害を優先するあまり、選挙で選ばれた政権を転覆しようとしている。どうもそのように見える。

北京のスモッグ

| コメント(0)
140113.smog.jpg

上の写真(新華社から)は、昨日(1月16日)の北京市内の様子を写したもの。濃いスモッグのために天安門が霞んで見える。普通ならくっきりと鮮やかに見えるシーンのはずだ。こうなったのは、大気中のPM2.5の濃度が1立方メートルあたり671マイクログラムと、基準値の26倍にも達したためだ。

政治家にとってセックス・スキャンダルは、だいたい命取りの結果に終わるものだが、フランスでは必ずしもそうではないらしい。というのも、先日オランド大統領の不倫疑惑が報道されたばかりだが、そのことを多くのフランス人は問題視していないばかりか、かえってオランドの支持率が上昇するという現象まで起きている。これは、どういうわけか。日本人の筆者にはなかなか理解できないことだ。

140111.nollywood1.jpg

映画関係者を中心に「ノリウッド(Nollywood)」という言葉が流行っているそうだ。ハリウッドに対抗する映画文化を作り上げたインド映画が「ボリウッド」と呼ばれたことに範をとって、いまや一大映画産業を作りつつあるナイジェリア映画を指してノリウッドというわけである。

タイで反政府勢力が大規模デモを重ね、ついには首都封鎖という過激な行動をとっているようだが、その背景にはいまひとつよくわからないところがある。今回のデモのそもそもの発端は、昨年11月に恩赦法が下院で強行採決され、タクシン元首相がその対象に含まれることに、反タクシン派が反発したことだ。その際には、反タクシン派の反発を考慮したインラック首相が上院での可決を(多数派を抑えているにかかわらず)あきらめて、法案を廃案にしたが、それに勢いづいた反タクシン派が、(タクシン派である)インラック政権の打倒を目指して引き続きデモを続けているということだ。

Previous 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14



最近のコメント

アーカイブ